[芸能] リュ・シウォン、日本のファンに韓国文化遺産を積極PR

「韓流プリンス」リュ・シウォンが、日本のファンに向けて韓国文化遺産のPRに乗り出した。 リュ・シウォンは日本のファンに送った映像メッセージを通じて、千年の歴史をとどめた高麗(コリョ)大蔵経や観光地を紹介した。彼は日本のファンにあいさつしを伝えながら「多くの韓流ファンの皆さんが韓国をたびたび訪れ、高麗大蔵経のような韓国の素晴らしい文化遺産をたくさん見て大韓民国をもっと知ってもらえたら嬉しいです」とし、「不可能なことですが、今年で刊行1000年を迎える高麗大蔵経に載せられる言葉があるとすれば、芸能界にデビューしたときから守ってきた3つの座右の銘を刻み付けたいです」と伝えた。リュ・シウォンの座右の銘は「最善を尽くそう。正直でいよう。自信を忘れないようにしよう」だ。 これに続いて「秋に特にお勧めの素晴らしい祝典を紹介したいと思います」とし「多くの日本のファンや海外からの観光旅行者が韓国の歴史や文化を体験でき、美しい伽耶山(カヤサン)の紅葉狩りも楽しめる慶尚南道陜川(キョンサンナムド・ハプチョン)で開かれる“大蔵経千年世界文化祝典”があります。ここに来て、韓国の優れた文化遺産を見ていただければ嬉しいです」と伝えた。 リュ・シウォンの映像メッセージは大蔵経千年世界文化祝典の公式ブログやユーチューブなどを通じて見ることができる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 15日 00:48