[芸能] “税金追徴”の女優キム・アジュン、「誠実に国民の義務を履行したい」

韓国の国税庁から6億ウォン(約4400万円)の税金を追徴された女優キム・アジュンが所属事務所を通して立場を表明した。 キム・アジュン側は5日午後の報道資料で、「所属事務所と決別したことで立場表明が遅れたことについて申し訳なく思います。5日午後の報道を通して、良くないことでファンの皆様にご迷惑をお掛けした点についてまずお詫びします」とし「キム・アジュンは最近、国税庁から税務調査を受けた結果、数億ウォン台の追徴金を請求されました」と明らかにした。 続いて「1カ月間ほど担当税理士を通して国税庁の手続きと調査に忠実に従い、調査に応じました。税理士は必要経費などいくつかの項目について国税庁に異議を提起しました。しかし申告内訳のうち税金が過小納付されたという結論が出され、その結果、追徴金を請求させることになりました。できるだけ早い時期に追徴された税金を忠実に納付します。今後も大韓民国の国民の一人として法の手続きに基づいて国民の義務を履行することを改めて約束します。もう一度、良くないことで名前が出てきた点にファンの前で頭を下げてお詫びします」と立場を整理した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 06日 19:04