[芸能] 軍入隊控えたRain、横領容疑で検察が再捜査へ

横領容疑で検察の再調査を受けることになった歌手Rain(ピ)が軍入隊後も法廷に出入りすることになった。 ソウル高等検察庁は4日、Rainが昨年無嫌疑処分を受けた公金横領事件に対しソウル中央地方検察庁に再捜査命令を下したと明らかにした。このため来月4日に軍入隊が決定しているRainが入隊後も検察の調査を受けることになるのか関心が集中している。 ある検察関係者は、「原則的には軍検察がこの事件の移送を受けてRainは軍法廷に立つことになる。だが、この事件と関連した民間の利害関係者が多く例外的にRainが軍からソウル地検に呼び出しを受ける可能性も排除することはできない」と明らかにした。 Rainは入隊を1カ月後に控え、全国ツアーコンサートに入った。先月13日の釜山(プサン)公演をはじめ、今月17日に光州(クァンジュ)、18日に大田(テジョン)公演が予定され、24〜25日にはソウル公演がある。検察の再調査が決定されコンサートにも一定部分で影響がある見込みだ。 Rainの所属事務所関係者は、「3日に済州(チェジュ)公演を終わらせ、4日にソウルに向かうところで記事を通じて知らせを聞いた。まだ再調査決定と関連して話せることはない。状況をもう少し見守らなければならないようだ」と伝えた。 Rainは昨年4月にアパレル事業家により、自身をはじめとするJ社株主8人が「会社の公金約20億ウォンを引き出し投資家に損害を与えた」として詐欺・横領・背任容疑で訴えられた。この事件は中央地検捜査チームが原告の話が事実と異なるとして無嫌疑処分で一段落するかに見えた。しかし、高等検察庁が疑問が残るとして再捜査を決めまた浮上することになった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 05日 22:21