[芸能] また韓国のアイドルグループが日本入国拒否…なぜ?

グループのBEAST(ビースト)に続き、CNBLUE(シーエヌブルー)もビザの問題で日本から入国を拒否された。 シーエヌブルーは31日、東京・羽田空港で「興行(公演)ビザを受けていない」という理由で入国審査を通過できず、同日午後の飛行機で韓国に戻って来た。 シーエヌブルーの所属事務所、FNCミュージックの関係者は「日本で発表される音盤に関連した記者会見やプロモーションビデオの撮影などの日程だったので興行ビザを申請しなかった」とし「日程を再調整したあとビザの手続きを踏み直し、再入国する予定」と話した。 日本がシーエヌブルーの入国を拒否した理由としている「興行ビザ」は、公演などの営利行動を行うときに発給を受けるビザ。日本は観光だけが目的の時にはビザなしで90日まで在留できるが、芸能人が営利活動を目的として日本に訪れる場合、興行ビザを受けることになっている。 所属事務所側は日本の企画会社と日程を準備する過程で、公演など収益性のある日程がある場合に興行ビザが必要であることを理解したとし、日程の遅れは最小限にとどめたいと伝えた。 これに先立ちビーストも同じ理由で日本から入国を拒否され韓国に戻っていたことがある。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 09月 01日 22:32