[芸能] 韓国の北野武と呼ばれる映画監督、賃金未払いで労働庁から調査

映画「D−WARSディー・ウォーズ」を制作したヨングアートムービーのシム・ヒョンレ代表兼監督が、職員への賃金未払い問題で労働庁の調査を受けていたことが明らかになった。 ソウル地方雇用労働庁南部支庁によると、ヨングアートムービーの職員および退職者43人が今月1日、賃金および退職金未払いに関する陳情書を出したという。これを受け、シム・ヒョンレ監督は19日、労働庁の調査を受けた。 コメディアン出身のシム監督は韓国の北野武と呼ばれるほどだったが最近、映画制作費用のため財政的に厳しい状況にあるという。賃金未払いは故意ではなく財務状況によるものとみられる。これに先立ちヨングアートムービーには廃業説も出ていた。CGチームの多数の職員が退職し、会社が近く閉鎖されるといううわさも広まった。ヨングアートムービー側はこうしたうわさの内容を否定していた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 31日 20:48