[芸能] 大国男児のJay、映画「海」でスクリーンデビュー

大国男児のJayが映画俳優でデビューする。 Jayは映画「海」で目が見えなくなったが絵を描くのが好きな感性的な少年テソン役を務めた。 Jayは、「短くない時間に良いスタッフや立派な先輩と一緒にやれて光栄だった。私の姿をスクリーンで見られるということが今でも夢のようで不思議だ」と伝えた。制作スタッフによればJayは撮影当時に虫垂炎と過労で鼻血まで流して撮影する情熱を見せたという。 「海」は短編映画「道」「チョコレート」などを演出したユン・テシク監督の初めての長編映画だ。コンプレックスが強い男女3人の主人公が生まれて初めて海に旅行に出る暖かいロードムービーだ。3人が互いに特別な存在になっていく過程を繊細に描き出した。 Jayのほか映画「サニー」に出演したコ・スヒ、キム・ジニ、チョン・ジファンが出演する。9月1日公開。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 31日 00:03