[芸能] 少女時代・KARAらのスーパーガールズグループ、「秋の大戦」

スーパーガールーズグループらの華麗な秋の大戦が告げられた。 自他ともに認めるスーパーガールズグループ、少女時代・KARA(カラ)・ワンダーガールズが次々とアルバムをリリースして出撃する。 人気の頂点に立つ3グループの活動期間が重なるのは今回が初めて。3グループとも海外活動のため韓国の国内市場を留守にしていたため、ガールスグループ最高峰のカムバックに、ファンの期待はこれまで以上に高い。 ガールスグループ大戦のトップバッターは長い国内空白を破るカラだ。今年初め、所属事務所とのトラブルで解体の危機まで追い込まれ起死回生したメンバーは、来月6日に新しいアルバム「ステップ」を発表する。昨年11月にリリースした「ジャンピン」以降、10カ月ぶりの国内カムバックだ。来月14日には大々的なアルバムショーケースも予定されている。 続いて、海外市場で輝かしい成果を挙げた少女時代も9月末のカムバックを決めた。2010年11月の「Hoot」発表以降、10カ月ぶり。所属事務所SMエンターテインメントは極秘で少女時代の国内カムバック作品を準備している。 米国市場の攻略に力を注いだワンダーガールズも、10月の韓国行きを最近ホームページで知らせた。JYPエンターテインメントは「10月に映画『ワンダーガールズ・アット・ザ・アポロ(Wonder Girls At The Apollo)』の撮影後、国内にカムバックする」と伝えた。 スーパーガールスグループの相次ぐカムバックで、新人や中級ガールズグループらは神経をとがらせている。ある新人ガールスグループのマネージャーは、「少女時代・カラ・ワンダーガールズのように、人気絶頂のガールズグループが今秋アルバムをリリースするという知らせに、ガールスグループの制作会社たちは非常に緊張している。彼女らは夏のうちに急いでアルバムを出したり、発売スケジュールを冬まで延期したりしている」とし、「われわれも悩んだあげく予定を前倒しして新曲を発表した」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 26日 03:45