[芸能] 歌手ユンナが事務所を提訴、「奴隷契約」vs「契約違反」

歌手ユンナと所属事務所のライオンメディアが専属契約の効力をめぐり訴訟中であることが確認された。 23日のソウル中央地裁によるとユンナは4月4月に所属事務所のライオンメディアを相手取り、「専属契約は無効で、収益精算4億ウォンを支払え」として訴訟を提起した。 ユンナは「専属契約締結当時わずか15歳にすぎない未成年者で、レコード、歌謡業界の現実をまったくわからない状態で激しく不公正な、それこそ奴隷契約に相当する専属契約を結んだ。長期間の契約期間を定め芸能活動の自由を過度に侵害する契約は無効だ」と主張した。 これに対してライオンメディア側は7月8日、「ユンナの専属契約違反により損害を受けた。残余契約期間の間の予想利益と投資額の3倍に相当する金額のうち10億ウォンを支払え」として反訴を提起した。現在双方は調停に回付され、9月21日に調停期日を持つ予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 24日 22:07