[芸能] 新潟で大規模K−POPコンサート開催…一部収益金を地震被災者に寄付

韓国のMBC(文化放送)創社50周年特別企画「K−POP ALL STAR LIVE IN NIIGATA」が20日、日本全国から約4万5000人のファンが集まった中、新潟県の東北電力ビッグスワンスタジアムで開催された。 この日の公演では少女時代のスヨンとティファニー、ユリが共同で司会を務め、公演前には出演する12チームの全員が参加して公式記者会見も開き、東日本大地震の被害者をために黙とうした。 この席で少女時代のテヨンは「被害者の皆さんに少しでも音楽を通して力になれればいい」と述べ、KARAのパク・ギュリも「意味深いコンサートを一緒にすることができて光栄に思う」と語った。 この日の公演には東日本大地震被災者の中学・高校生200人が無料で招待された。 Tシャツをはじめとする記念品やチケットの販売など収益金の一部は、東日本大地震および新潟県水害被災者のために寄付される。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 23日 03:40