[芸能] 歌手シン・ヘソンも韓流に参入?台湾チャート1位に浮上

歌手シン・ヘソンのフルアルバムのタイトル曲が台湾チャートで1位に入った。 今月5日にリリースされたシン・ヘソンの台湾ライセンス盤のフルアルバム4集「The Road Not Taken」のタイトル曲「チックタックチックタック」が台湾の音楽チャート「チャンネル[V]」で1位を占めた。またアルバムの売上も週間チャート3位入りを果たした。 所属事務所側は「男性グループSHINHWAのメンバーというだけでなく、ソロ歌手のシン・ヘソンとしても確実にその地位を固めつつある」とその成果を伝えた。 シン・ヘソンは台湾ライセンス盤のアルバムの輸出に続き、日本のシングルアルバムの発売も控えている。「EXILE」の元メンバー、清木場俊介とデュエットした「I Believe」が収録されたシングルを10月5日に発売予定だ。 6月24日、ソウル公演を皮切りに釜山(プサン)、中国上海までコンサートを成功裏に終えたシン・ヘソンは、9月3日と4日の2日間、慶煕(キョンヒ)大学‘平和の殿堂’でソウルアンコールコンサート「2011 Tour in SEOUL−THE ROAD NOT TAKEN ACT 2」を行う。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 20日 03:35