[芸能] ハン・イェスル、公式謝罪…撮影拒否事態は一段落

‘ハン・イェスル事態’がハン・イェスルの公式謝罪で一段落した。 ハン・イェスルは現場離脱から5日後の18日午前12時、KBS(韓国放送公社)2ドラマ「スパイ・ミョンウォル」昼会食の席で、全スタッフと出演陣に撮影拒否事態について涙の謝罪をした。 この席にいた関係者は「ハン・イェスルが食事の前、前に出て謝罪した。本当に申し訳ないと伝え、許されるならこれまで以上に頑張って撮影に臨むという意志を明らかにした。目には涙も見えた」と伝えた。 続いて「きつい状況で撮影をし、誤解が重なったと話していた。騒ぎを起こしても温かく迎えてくれた制作スタッフに感謝している表情だった」と説明した。制作スタッフはハン・イェスルの謝罪が終わると拍手しながら復帰を歓迎したという。 これに先立ちハン・イェスルは午前10時、ソウル麻浦区東橋洞(マポグ・トンギョドン)のカフェで行われたドラマの撮影に復帰した。撮影の1時間前に到着し、準備中のスタッフと先に撮影に入ったエリックやチャン・ヒジンら同僚俳優に謝罪した。 特に摩擦があったという演出者のファン・インヒョク氏とも笑顔であいさつした。ハン・イェスルは17日、ファン・インヒョク氏と面談し、「プロデューサーの意中を誤解してこうした事態を招いてしまった。今後こうした誤解を解いて撮影にまい進していく」と明らかにした。ファン・インヨク氏も「これから現場で時々時間を割いて誤解を解こう」と返答した。 ハン・イェスルは14、15日に予定された撮影日程に参加せず、撮影拒否を宣言した後、米国に出国した。しかし17日に復帰し、制作スタッフに謝罪しながら事態を収拾した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 19日 20:40