[芸能] BEASTがビザ問題で日本入国拒否…プロモーション日程取り消し

アイドルグループのBEAST(ビースト)が、日本の入国審査問題でイベント参加を取りやめたことと関連し、日本側とコミュニケーション上の錯誤があったが、今後のスケジュールには何の問題がないと明らかにした。 BEASTは16日午前に東京・羽田空港に到着したが、入国審査を通過できず、8時間余りにわたり空港で待機した。その後予定されたスケジュールをキャンセルし韓国行きを選んだ。 韓国メディアはBEASTの所属事務所の話として、この日のハプニングは日本でBEASTのレコード流通を担当するユニバーサルミュージックジャパンのレーベル(FET)との事前調整過程での錯誤によって発生した。これを受けFET側はBEAST側に公式に謝罪した。 BEAST側は、「今回のプロモーションは公演ではなく、試写会出席のため何の問題もないと伝えられたが、公演ビザを事前に準備すべきだった。FET側もホームページを通じてファン向けに謝罪文を掲載した状態」と伝えた。 当初BEASTは10日に発売した日本デビューアルバム「SO BEAST」のプロモーションの一環として日本を訪問した後に韓国に戻る予定だった。BEASTはタイトル曲「フィクション」がイメージソングに使われたハリウッド映画「シャンハイ」の東京プレミアム試写会に参加する計画だったが、結局これを取り消して韓国に戻ることになった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 17日 18:30