[芸能] 歌手パク・ジョンヒョンはオバマ大統領と同窓

歌手パク・ジョンヒョンが10日に放送されたMBC(文化放送)トーク番組「黄金漁場−ヒザ打ち導師」に出演し、米国での成長過程について語った。 パク・ジョンヒョンは「幼い頃、東洋人がいない町に住んでいたので、 米国人が自分を珍しそうに見ていた」とし「母は当時『米国人よりも英語をうまく話し、何でもよくできるようにしなければいけない』と話していた。 それで人一倍努力した」と伝えた。 「勉強もよくできたのか」というカン・ホドンの質問に対しても、「よくできた。小中高校はオールAを受けた。 当時、全校でトップだった」と堂々と明らかにした。 パク・ジョンヒョンは1994年にUCLAに入学した後、2001年にコロンビア大学に編入した。 コロンビア大学はオバマ米大統領が卒業した大学。 いわばパク・ジョンヒョンとオバマ大統領は大学の同窓ということだ。 またパク・ジョンヒョンはファイ・ベータ・カッパ・アイビーリーグ秀才クラブに加入するほど優秀だったことが明らかになった。 パク・ジョンヒョンは「ハーバード大学を目標に勉強したが、 父の牧会が厳しい状況となり、合格しても入学できない状況だった」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 12日 00:40