[芸能] カン・ホドンが「1泊2日」降板か、KBS上層部が引き止め作戦

KBS(韓国放送公社)が人気番組「1泊2日」から降板する意向を示したカン・ホドンを引き止めるため総力戦に出た。 ある放送関係者は10日、「カン・ホドンがKBS第2テレビ『1泊2日』制作スタッフに降板の意向を伝えたものと理解している。KBSでもカン・ホドンを引き止めるため上層部が動いている」と伝えた。カン・ホドンは最近「1泊2日」制作スタッフに今月末の撮影を最後に降板する意向を明らかにしたという。 同関係者は、「カン・ホドンが離れれば『1泊2日』が大きくぐらつくことは火を見るより明らかだ。KBSも上層部でカン・ホドンの引き止めに出た状態と聞いている。『1泊2日』が最高の人気番組であるだけに、双方の力比べは見ものだ」と話した。 カン・ホドンの退陣決定にも降板に至るのは簡単ではないとの見方もある。「1泊2日」制作スタッフは2月に降板が有力だったイ・スンギも引き止めている。 関係者は、「イ・スンギ降板説の時と雰囲気が似ている。当時もKBS上層部が積極的に乗り出し、イ・スンギの気持ちを変えた。制作スタッフも上層部の交渉能力に期待をかけている表情だ」と説明した。カン・ホドンは2007年8月から4年間にわたり「1泊2日」をけん引してきた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 11日 21:01