[芸能] 俳優キム・ボム、ドラマ「パダムパダム」にキャスティング

次世代韓流スターのキム・ボムが、チョン・ウソンやハン・ジミンに続いて、jTBCドラマ「パダムパダム…。彼と彼女の心臓の音」(以下、「パダムパダム」)に合流した。 10日、ドラマの関係者は「キム・ボムが12月に開局するjTBCドラマ『パダムパダム』で2年ぶりにブラウン管に復帰する」と明かした。同作は、脚本家のノ・ヒギョン氏がシナリオを手がけ、チョン・ウソンとハン・ジミンのキャスティングで期待を集めている作品だ。キム・ボムは同作で、自身が人の体を借りて生まれてきた天使だと信じる天然青年のイ・グクス役を演じる。関係者は「イ・グクスはヤン・ガンチル(チョン・ウソン扮)を危機から救った後、ガンチルの守護天使だと信じるようになる人物だ。少し飛んでいるが、純粋な青年としてドラマに面白みと感動を与えるだろう」と話した。 キム・ボムは「この作品は、私が好きな脚本家の作品です。台本を読んでその魅力にはまってしまいました。興味の沸くストーリーや魅力的なキャラクター、よい先輩がすべてそろっています。撮影がとても楽しみで期待でいっぱいです」とその感想を伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 11日 04:00