[芸能] JYJジェジュン出演のドラマ「ボスを守れ」が好スタート

SBS(ソウル放送)水木曜ドラマ「ボスを守れ」が2けた視聴率で順調なスタートを切った。 視聴率調査機関AGBニールセンメディアリサーチによると、3日に放送された「ボスを守れ」は視聴率が12.6%(全国基準)だった。 先月28日に終わった「シティハンター」(18%)に比べると低いが、初回から10%を超えて水木曜ドラマ2位になった。 この日の放送では、‘88万ウォン(約6万8000円)世代(注)’を象徴する女主人公チェ・ガンヒ(ノ・ウンソル)が財閥3世のチソン(チャ・ジヒョン)の秘書を務めることになる過程が描かれた。 特にチソンの父親役で出演したパク・ヨンギュのコミカルな演技が視聴者の目を引いた。 一方、同じ時間帯に放送されたMBC(文化放送)ドラマ「君は僕に恋をした」は7.3%、KBS(韓国放送公社)2ドラマ「姫の男」は17.0%の視聴率だった。 注:20代の非正規労働者の月給平均が88万ウォンといわれることから、若年層の低賃金労働者世代を指す。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 05日 00:58