[芸能] 女優ムン・チェウォン、初々しく恥じらいながらの舞台登場

女優のムン・チェウォンが1日、ソウル広津区(クァンジング)ロッテシネマ建大入口館で開かれた映画「最終兵器弓」の試写会で、舞台あいさつのためにステージに上がっている。 映画「最終兵器弓」は朝鮮最高の弓の名手が唯一の血縁の妹と暮らしていた幸せな日、清国の襲撃で妹が捕虜として捕えられる。弓の名手は清国精鋭部隊を訪ねて行き妹を取り戻すため清国部隊員を1人ずつ処理して敵の心臓を突き破るための運命を賭けた弓の戦争映画だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 08月 02日 19:44