[芸能] AFTERSCHOOL、日本デビューショーケースが大盛況

AFTERSCHOOL(アフタースクール)が日本デビューショーケースを大盛況のうちに終えた。 17日、日本赤坂ブリッツで約3000席をいっぱい埋め、日本の現地ファンとともに行ったアフタースクールのショーケースは大成功だった。今回のデビューショーケースは、チケットが発売されるや1分で売り切れる爆発的な反応を得て公演の前から期待感が高まっていた。 所属事務所側は「ショーケース会場で販売したMD商品も売り切れるなど、アフタースクールの人気を再度証明した」とし「日本ではあまり見ることのできないパワフルなパフォーマンスが最も印象的なグループという評価を受けた。ショーケース現場では産経新聞、TBS放送など約200の有力メディアや放送局が取材競争をを繰り広げていた」と伝えた。 公演直後、アフタースクールは約3000人のファンとハイファイブタッチ会を行い、ファンサービスにも余念がなかった。 リーダーのカヒは「会場に大勢の日本ファンの方々が私たちの公演を見に来てくれたのを見て驚いた。とても感激的なショーケースで、絶対忘れることができない公演になった」と感想を伝えて感激の涙を見せた。 アフタースクールの所属事務所プレディスは、日本最大手のアルバム会社エイベックス・エンターテインメント(Avex Entertainment)と日本国内のアルバム共同制作およびマネージメント契約を締結した。エイベックス内で安室奈美恵など有力歌手だけ専担する制作1部が韓国歌手では初めてアフタースクールを担当する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 19日 19:01