[芸能] キム・ハヌル、撮影中に火の事故に遭遇!「あわや失明」

女優キム・ハヌルが非常に危険な状況で、あわや失明かという事故に遭っていたことが今になって伝えられた。 キム・ハヌルは視覚障害者役を演じた映画「ブラインド」で、撮影中、マッチの火が目の方に飛んでくるというヒヤリとする事故に遭遇した。 該当場面は事件を追跡していたスア(キム・ハヌル)が、犯人との追いつ追われつの追撃中に対峙するという緊張感あふれるシーン。映画の流れ上、重要な場面で火を使う撮影だったため、緊張感で張り詰めていた。暗いセット場でキム・ハヌルの擦ったマッチの火が彼女の目の方に飛んでくるという事故が起こった。幸い、マッチの火は目のぎりぎりのところを避けた。キム・ハヌルは目元をかすめたマッチの火で若干負傷した。 ややもすると大きな負傷になるところだった今回の事故に、スタッフらは驚いた胸をなでおろした。キム・ハヌルは逆にスタッフらを安定させ、病院で軽く応急処置を受けて現場に復帰した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 15日 03:18