[芸能] 健康回復のキム・ヨナ、SBS番組「キスアンドクライ」に復帰

‘国宝少女’キム・ヨナがまた元気な姿で現れた。キム・ヨナは12日午後、SBS(ソウル放送)一山(イルサン)制作センターに到着し、「キム・ヨナのキスアンドクライ」の録画に参加した。2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)招致確定後の最初の公式スケジュール。キム・ヨナが車から降りると、待っていた観客は歓呼した。 以下はSBSとキム・ヨナの一問一答。 −−多くの国民がキム・ヨナ選手を空港で待っていたが、会えなかった。何かあったのか。 「ダーバンで少し風邪をひいて体調が良くなかった。緊張が解けたせいか、韓国に帰る日に風邪が悪化し、バンコクの空港では耐えられないほどだった。帰国インタビューに参加しようとしたが、体が良くない状態で記者会見に出ればむしろ周囲に迷惑をかけそうで参加しなかった。申し訳ない」 −−現在の体調は。 「週末にゆっくり休んで、かなりよくなった。多くの方々にご迷惑をかけて申し訳ない」 −−平昌(ピョンチャン)招致プレゼンテーションには驚いた。どれほど準備したのか。 「プレゼンテーションの準備だけで3週間した。重要なプレゼンテーションだったので完ぺきにしたかった。平昌招致委員のナ・スンヨン氏らと一緒に準備した」 −−帰国後の最初の公式日程が「キスアンドクライ」だ。 「招致活動の関係で2週間ほど離れることになり、メンバーに迷惑をかけた。みんなどれほど成長したのか早く見たかったので『キスアンドクライ』の録画は抜けたくなかった」 −−「キスアンドクライ」のファンに一言。 「元気な姿を見せなければならないのに、ご心配をかけて申し訳なかった。もう元気になったので心配はない。メンバーと一緒に頑張るのでみんなの応援をお願いしたい」

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 13日 18:40