[芸能] ユンナ、所属事務所に専属契約解除を通知

歌手ユンナ(実名コ・ユンナ、23)が自分を発掘した所属事務所に専属契約の解除を通知していたことが最近明らかになり、衝撃を与えている。 11日午後、ある芸能関係者は「ユンナが4月、所属事務所ライオンミディアを相手取りソウル中央地裁に専属契約不存在確認訴訟を起こした」と明らかにした。 オンライン掲示板にも「ユンナが裁判中」というコメントが登場した。「学校の職業体験のために裁判所に来て裁判を見ているが、原告のユンナが泣きながら話している。専属契約関連の裁判のようだが、うまく解決すればいい」という内容だった。 ユンナは実力派ミュージシャンとして05年に日本でデビューし、現在、MBC(文化放送)ラジオ「星が輝く夜に」のDJを務めている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 12日 20:19