[芸能] キム・アジュン、階段から転落し負傷も女優魂見せる

女優キム・アジュンが負傷の中で闘魂を見せた。 キム・アジュンは最近映画「アメージング」の撮影中に階段から転落する事故に遭ったにもかかわらず、撮影に復帰して残りの撮影を続ける闘魂を発揮した。関係者は「キム・アジュンは7日に中国・上海での撮影の際に階段から落ち、ひざと脚にすり傷を負った。病院の医療スタッフは休息を取るよう勧めたが、キム・アジュンは撮影現場に戻り残った撮影を続けた。キム・アジュンもたくさん驚いたが共演する俳優らとスタッフに迷惑をかけまいと撮影を継続した」と説明した。また、「キム・アジュンが痛むからだを押して撮影現場に戻ると、共演のハリウッド俳優エリック・メビウスがキム・アジュンを励まし大きな拍手を送った。エリック・メビウスはキム・アジュンの配慮と演技に対する情熱に大きく感動した」と付け加えた。 映画「アメージング」は米中合作映画だ。オンラインバスケットボールゲームを開発する男女主人公らの愛と夢の話を描いた。キム・アジュンはインターネットゲーム開発業者の最高技術責任者役を務める。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 11日 19:37