[芸能] 地震被災者慰労したリュ・シウォン、「韓国人の情を贈ります」

「韓国人の暖かい情を贈るので必ず打ち勝って下さい」。 リュ・シウォンが2日、岩手県を訪問し、3月の東日本大震災の被災者を慰労した。アルバム制作のため先月末から日本に滞在していたところだった。 リュ・シウォンが岩手県と縁を結んだのは2007年初め。NHKドラマ「どんど晴れ」を撮影しながらだった。地震が起きる直前の3月初めにも「どんど晴れスペシャル」出演のために訪問した。 リュ・シウォンはドラマで共演した比嘉愛未、内田朝陽が進行した被災者向けのイベントに特別ゲストとして参加し、DVDとTシャツなどを贈った。「美しい風景に感嘆した思い出がまだ生き生きとあるが、このように破壊された姿を見ると非常に胸が痛い。どんな方法でも助けたい」という慰労の言葉も伝えた。 リュ・シウォンは下半期の日本コンサートツアーのうち仙台公演にここの住民らを招くと約束し歓呼を浴びた。行事に参加した300人余りの住民の中にはドラマ「どんど晴れ」ですでにリュ・シウォンを知っている人が多く、非常に喜んでいたという。 リュ・シウォンは、「日本では人と人の縁“きずな”というが、大震災以後は互いを慰労するためにこの単語を多く使うと聞いている。きずなと一脈通じる言葉の韓国の“情”を伝えたかった」と今回の訪問の意味を明らかにした。 リュ・シウォンは11月から大阪・名古屋など日本主要9都市をまわりコンサートを開く予定だ。リュ・シウォンは東日本大震災直後に2億ウォンを寄付し地震被害地域を訪ねると約束していた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 04日 22:42