[芸能] イム・ジェボム、ナチス制服でのパフォーマンスを中断

イム・ジェボムがナチス制服でのパフォーマンスを中断した。全国ツアー中のイム・ジェボムは2日、光州(クァンジュ)公演でナチス制服ではなく一般の軍服を着てステージに上がった。 これに先立ちイム・ジェボムは6月25〜26日の2日間にソウル・オリンピック体操競技場で開かれた全国ツアーで反戦メッセージを盛り込んだ「Periderm」を歌いながらナチスの軍服の上着と帽子を着て登場した。 これに対して文化評論家のチン・ジュングォン氏は、「その美感はよくない。次は731部隊の服を投げ捨て命の大切さを歌いなさい」と批判した。作曲家のキム・ヒョンソク氏は「美感の水準を云々する前に、直接公演を見てリラックスすべき」と反論しツイッター上で論争が広がった。 所属事務所側は、「ナチスは死んだという意味のパフォーマンスで、ロックの精神のように自由になりたいという考えを表現したものだったが、意図しない議論を産んだ。今後の公演ではナチスの制服ではなく一般の軍服を着てステージに上がるだろう」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 07月 04日 22:01