[芸能] 故パク・ヨンハ1周忌追慕式…空も泣き、ファンも泣いた

1年前のあの日のように空も泣きファンも泣いた。 故パク・ヨンハの1周忌追慕式が30日に京畿道坡州市(キョンギド・パジュシ)の薬泉寺(ヤクチョンサ)で開かれた。この日の追慕式は豪雨と、生前のパク・ヨンハを記憶するファンと知人の涙の中で進行された。1700人(主催者推定)を超える韓国と日本のファンは追慕式の2時間前から会場を訪れ故人に対する冷めない気持ちを表わした。また、数十人の日本人取材陣も訪れており、以前と変わらぬ故人の人気を実感させた。 追慕式は仏教法要が鳴り響く中で始まり3時間にわたって行われた。豪雨は続いたがファンは野外で行われる行事にすべて参加し故人を追慕した。追慕式が進む中、ファンと知人らが故人の霊前に焼香した。ファンは傘をたたんで故パク・ヨンハの写真を持ったまま焼香を行った。あちこちから忍び泣きの声が聞こえる中で嗚咽する人も少なくなかった。焼香は1時間を超えて続いた。 この日の追慕式は薬泉寺入口から日本のファンが乗って来た大型バスだけで10台余りが駐車され混雑した状況が続いた。だが、ファンらは一貫して乱れなく秩序を守り目を引いた。追慕式後には故パク・ヨンハの遺骨が安置された盆唐(プンダン)メモリアルパークで献花式を行う。 行事進行を務めた関係者は、「日本のファンが午前7時から来て雨に降られた。1500人程度を予想したが当日受け付けだけで200人程度が追加された状態だ」と伝えた。 故パク・ヨンハは昨年6月30日、自殺により33歳の短い命を終えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 30日 19:31