[芸能] イ・インヘ、プロデューサー侮辱・著書代筆疑惑を否定

タレントのイ・インヘがプロデューサー侮辱と著書代筆疑惑を否定した。 イ・インヘは28日、「昨年3月に放送されたMBC(文化放送)番組『気分がいい日』の録画で担当プロデューサーを侮辱し、昨年5月に出した本を代筆作家に任せたという疑惑は小説のような話」と声を高めた。 この日、あるメディアは「イ・インヘがインドネシア・バリで行われた『気分がよい日』の録画で、気分がよくないと言って担当プロデューサーをひざまずかせ、反省文を書かせた疑惑がある」と報じた。 また出版社の関係者の言葉を借りて「イ・インヘが出した『イ・インヘの夢はなんでも勉強が基本だ』の筆者は別にいる」と暴露した。 これに対しイ・インヘは「あきれて言葉も出ない。 現場にいたすべてのスタッフを証人にできる。 反省文のようなものはありえない」と説明した。 代筆疑惑についても「助けを受けようという考えもあったが、すべて私が書いたことに間違いはない。 1年ほどかけて渾身の力を出して書いた。出版社も『事実無根で、憶測が乱舞している。法的対応も考慮する』と話している。悔しく思う」と話した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 29日 03:25