[芸能] 先輩にタメ口? KARAク・ハラが謝罪 

KARAのメンバーのク・ハラが、26日に放送されたSBS(ソウル放送)の「日曜日が好き−ランニングマン」(以下、「ランニングマン」)の中で、礼儀を欠く言動に対して謝罪した。 ク・ハラは27日、自身のツイッターに「今になって『ランニングマン』を見ました。私の間違いです。面白さを優先してミスを犯しました。本当にそんな意図はなく、放送に没頭して一生懸命していたのですが…これからもっと気を使いたいと思います。いつも一生懸命のハラになります!」とコメントを書き込んだ。 ク・ハラは26日に放送された「ランニングマン」で、ユ・ジェソクに対して「ユさん?ユ・ジェソク?」と呼び捨てにしていた。車での移動中、「相手側のメンバーは誰か」というキム・ジョングクとハハの質問にも「ノ・サヨン!」と呼び捨てで答えていた。特に放送終盤では、ソン・ジヒョと互いの名札に水鉄砲で水を掛ける対決で「ジヒョが変わった… あっ! ジヒョ?」と言った。ク・ハラは自分より10歳以上年上の先輩に対しても、気に留めるふうもなく、普通の言葉づかいだった。 放送が終わった後、各掲示板を通じて非難を浴びたク・ハラは、そのときになってようやくツイッターを通じて謝罪コメントを載せた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 28日 03:46