[芸能] 猛獣系の2PM、ソフトイメージでカムバック

今度は力を抜いた。体でアピールした猛獣系のイメージを捨て、楽しく遊ぶ町内の兄貴に戻った。正規アルバム2集「Hands Up」を出した男性6人組の2PM。タイトル曲「Hands Up」は発表と同時に「私は歌手だ」を抜き各種音源サイト1位を走っている。アルバムを携えて2PMが中央日報を訪問した日(17日)、ビル全体から駆けつけた会社員ファンでオフィスが揺れた。 「脱いで破るイメージが強く、2PMと言えば猛獣系を思い出させるが、私たちの魅力はそれだけでないということを見せたい。リズムに乗りながら自由に遊ぶ、踊りをうまく踊るいたずら好きな兄貴のような」(ウヨン) 21日にインタビューのためにソウル市内のホテルで会った2PMはさらに茶目っ気があふれる姿だった。ニックンが「私たち結婚しました」でビクトリアとのスキンシップを話すと一斉に「オー」「エイ〜」と言いながらリアクションを見せた。目の前で6人のメンバーのリアリティーショーを見るようだった。実際に彼らが進行するリアリティー番組「2PMショー」が7月初めからSBSETVなどを通じて放映される。 「これまでパフォーマンスをメーンとするからちょっと重かったではないですか。また新人に戻って洗練されながらも身近な音楽を追求しました。リアリティー番組でも私たちが集まりどのように遊ぶのか、あるがままに見せするつもりです」(ジュノ) 「各自が演技・芸能・MCで忙しかったが、競争にもなり刺激も得られます。それでも自分たち同士でひとつになっている時がいちばんわくわくして楽しい気分でしょう。互いにエネルギーを得ます」。(テギョン) 今回のアルバムにはジュノとジュンスがそれぞれの自作曲を入れた。最近「不朽の名曲2」に挑戦状を出したジュンスはビートが強烈な「Hot」を公開した。ジュノは「Give it to me」で普段やったことのないラップを試みた。全体的に2PMの枠組みの中で各自の個性を出した。 韓国代表アイドルグループらしく海外進出も活発だ。最近では日本のステージに打ち込んでいる。彼らが韓国を留守にする間、次世代男性アイドルグループが恐ろしいほど浮上してきた。ジュノは「他のチームと比較するよりも、練習を続け、自分啓発してファンにさらに多くのものを見せたい」と話した。 フランス・パリでSMタウンが成功的に開催されたことにはうらやましさを見せた。チャンソンは、「海外で成功する韓流スターが生まれるほど『私たちを好きな人もいるのだ。あそこでも公演してみよう』という気になる。もっと夢を大きく育てることになる」と話した。 「今回のアルバムを出しながらパク・ジニョンさんが厳しく一言言いました。活動は楽しみながらも初心に戻って緊張しろと。『私は歌手だ』の話をたくさんするが、アイドルでも誰でも歌手ならば最初が歌の実力のようです。足りない部分をずっと埋めながらプロらしい姿を見せるつもりです」(ウヨン)

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 24日 21:00