[芸能] キム・ヒョンジュン、新曲「ブレイクダウン」が10万枚売上達成

キム・ヒョンジュンがファーストミニアルバム「ブレイクダウン(Break Down)」で人気が爆発している。 22日、アルバム販売量を調査しているハンターチャート側は「キム・ヒョンジュンの『ブレイクダウン』が発売2週目にして合計10万枚の売上を記録した」と明かした。続いて「8月からはアジア9カ国ツアーも始まるため、売上は今後も増え続けていくことが予想される」と付け加えた。 このことによりキム・ヒョンジュンは、東方神起やBIGBANG(ビッグバン)などのアイドルグループを除き、今年韓国内でリリースされた単一アルバムの売上が10万枚を突破した初のソロ歌手になった。 音楽業界のある関係者は「キム・ヒョンジュンはソロカムバックへのプレッシャーを押しのけてアルバム市場に活気を吹き込み、歌謡界に肯定的な影響を及ぼしている」と評価した。 キム・ヒョンジュンは8日、ソロデビューアルバム「ブレイクダウン」をリリースし、旺盛な活動を行っている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 23日 04:16