[芸能] 歌手チャ・ジヨン、顔面全面整形説を強く否定

「顔面全面整形説」が出ている歌手チャ・ジヨンが、「リフトアップ手術をすれば歌を歌うのに支障が生じることがあるため手術は受けなかった」と釈明した。 最近インターネットには2年前に江南(カンナム)のある整形外科で撮影したチャ・ジヨンの写真が上がってきた。いまと大きく異なる顔の形と耳目口鼻のために「顔全体をすべてやり直した」という整形説が飛び交った。チャ・ジヨンは最近インタビューで、「二重まぶたにして鼻先に少し手を加えた」としながら、「顔全体をすべて直したという文を見て少しあわてた。整形外科でリフトアップをするか相談を受けたのは事実だが、手術を受けることはなかった」と説明した。 続けて「写真を撮った当時、ミュージカル『ドリームガールズ』の太った役を引き受けいまより20キロ以上多かった状態だった。すぐに『善徳女王』にキャスティングされ、イメージを変えるために整形外科を訪れた」とし、「リフトアップ手術について尋ねると担当医師が『歌を歌う人ならば受けるな』と引き止めた。ほお骨とあごの骨にへたに手をつけると発声と発音に問題が起こりかねないというので手術は受けなかった」と話した。また、「『リフトアップ手術を受けた』という記事が出てくると友人が電話をかけてきて『君がリフトアップ手術を受けたならその病院は滅びる』と笑っていた」とし「経済状況が良くなくて当時目と鼻の手術を協賛を受けてやったがいまになって写真が出てきたようだ」とすがすがしく「協賛整形」も認めた。 ミュージカル女優として名声をとどろかせてきたチャ・ジヨンは、MBC「私は歌手だ」でイム・ジェボムの「空杯」のステージにコーラスとして出演し関心を集めた。最近イム・ジェボムの歌「あなたはどこに」をリメークして歌手デビューした。7日に開かれたミュージカルアワードでは「西便制(ソピョンジェ)」で主演女優賞を受けた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 18日 02:59