[芸能] KBS、世界向けに韓流専門英語バラエティーショー開始

KBS(韓国放送公社)が世界の視聴者に向けて韓流専門英語放送を始める。 KBSワールド(WORLD)は初めて独自で制作する芸能番組「ケイ・ウェーブ・ステーション」(K−Wave Station)を17日午後7時30分から放送する。 KBSワールドは、03年に開局し、世界81カ国に放送中のワールド チャンネル。これまで「ミュージックバンク」などの番組をそのまま放送してきたが、今回、韓流専門バラエティーショーを制作することになった。 「K−Wave Station」はパク・ジヒョン・アナウンサーとグループ「CODE V」のジェウォンが英語で進行する。1週間の芸能情報を伝える「K−Waveニュース」、歌手を集中分析する「K−POPナンバーワン」、アイドルスターの韓国伝統文化経験記「アイドルアドベンチャーズ」の3つのコーナーで構成される。 演出を担当するキム・イルフン氏は「仏パリでのK−POPコンサートに対する熱狂的な海外ファンの声援で韓流の成長を確認することができた。こうした趣旨で、今回のプログラムが韓流の持続的成長のためのハブになればいい」と述べた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 17日 19:00