[芸能] コン・ユ専門誌「MONSTER」が大人気

コン・ユに関する内容だけを扱った雑誌「MONSTER」が日本で発行され、人気を呼んでいる。 コン・ユの所属事務所側は16日、「コン・ユが最近、日本EMIミュージックジャパン側とエージェント契約を締結し、本格的な日本活動を始めている。日本国内でコン・ユに関する内容で満たした雑誌『MONSTER』を発行中だが、従来の韓流スター個人雑誌とは異なる最高のクォリティーと評価され、人気を集めている」とし「読者が着実に増えており、購読者の満足度も高いほう」と伝えた。 「MONSTER」はコン・ユの出演作やCMおよび画報などすべての活動内容とエピソードを含んでいる。またコン・ユの旅行記、趣味生活、友人に関する話など細かい内容も扱っている。昨年12月15日付で始まり、3カ月置きに発行され、現在3号まで出ている。当初4号までの企画だったが、反応がよいため延長発行を検討中という。 コン・ユは雑誌の表紙からコンテンツ、最終デザインはもちろん、編集過程にまで参加し、積極的な姿を見せている。雑誌名の「MONSTER」も自ら付けた。ソフトでジェントルなイメージが定着しているコン・ユが、自身に内在するさまざまな面を見せたいという考えでつけた名前だと、関係者は話している。 07年作のドラマ「コーヒープリンス1号店」が日本フジテレビで放送されたことで、コン・ユは韓流スターに仲間入りし、人気が上昇した。昨年末に横浜と大阪で開催したコンサート形式のファンミーティングには約1万5000人のファンが集まっている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 16日 23:03