[芸能] 韓国でも生中継する日本アイドル総選挙

最近、日本で変わった選挙が開かれた。「2011AKB48総選挙」だ。 48人のメンバーからなるアイドルグループ「AKB48」を対象に投票をする。 単なる人気投票ではなく、グループ内で誰が放送活動をするのか決める一種の序列投票で、今回が3年目となる。 今回はそれなりに重みのある選挙だった。 AKB48は48人全員が舞台に立つことができず、一部だけが活動している。 順位を投票で決めて、1−21位までが放送活動をし、40位まではタイトル曲を除いた収録曲の録音や公演に参加する。 1位は舞台の中央に立つことができ、すべてのメディア活動で引き立つ実質的リーダーとなる。 先月21日に公式サイトで始まった今回の選挙は、ファンクラブ会員とアルバム購入者に投票権が与えられた。 投票の最終結果は9日、AKB48のメンバーとファンが集まった東京武道館室内体育館で発表された。 今年の1位は前田敦子だった。 昨年2位だったメンバーだ。 昨年1位だった大島優子は今年は2位となった。 選挙の結果が発表される瞬間、メンバーの悲喜が分かれた。 日本テレビなど現地メディアはこの選挙を生中継した。 香港と台湾の劇場、韓国CGVも生中継するほど今回の選挙はアジア主要国で話題になった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 11日 04:02