[芸能] チュ・サンウク、日本のファンクラブ創立…新韓流スター誕生

俳優のチュ・サンウクが日本で初のファンクラブを創立し、これを記念したファンミーティングを開催した。これにより、新韓流スター誕生が秒読みとなった。 チュ・サンウクは6月3日、日本東京都渋谷に位置するさくらホールで、日本初の公式ファンクラブ「Joo Sang Uk Japan Official Fanclub」の創立を祝おうと集まった約800人のファンと一緒に楽しく意義深い時間を過ごした。 チュ・サンウクはこの日の舞台で、お気に入りの曲であるイム・ジェボムの「ピサン(飛翔)」と、2009年に歌手パク・サンミンとデュエットした曲「ピガ ワヨ(雨が降ります)」をファンのために熱唱した。 チュ・サンウクは「日本で高い関心を持ってもらえているだけでも光栄なのに、こんな大勢のファンの方々と特別な時間を過ごすことができて感激です。今日の出会い、胸の高鳴りを心の奥に深く刻んで、これからもっとすばらしい活動で報いるつもりです。本当に胸がいっぱいになったひとときでした」と感想を伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 09日 03:01