[芸能] 阪本順治監督が韓国の映画祭の広報映像を演出

日本を代表する世界的な監督、阪本順治が第3回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭のトレーラーを演出する。 俳優ユ・ジテが主役を演じた今回のトレーラーは、国内映画祭で初めて海外監督が演出するだけでなく、監督自身が直接体験した東日本大震災と原子力発電所問題など熱い社会的イシューが含まれており注目を浴びている。 今年3回目を迎え新たな跳躍を準備しているDMZ国際ドキュメンタリー映画祭は、アジアのドキュメンタリー産業での地位強化、若く躍動的に変化する映画祭の容貌などを見せるトレーラーを製作することにし、映画祭が指向する「平和、生命、疎通」の価値に対する見識と主題意識、卓越した演出力を持っている阪本順治監督に演出を依頼した。海外の監督が国内映画祭のトレーラーを演出するのは今回が初めてだ。 第3回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭の演出依頼を受けDMZを訪問した阪本順治監督は、「鋭敏な緊張感と平和な自然景観が対照的なDMZの独特の雰囲気から強い印象を受けた。DMZ国際ドキュメンタリー映画祭が追求する平和の意味と、地震と原子力発電所問題など最近私が体験した日本の状況をつなげて“共生”を表現したい」と話しトレーラー演出の意思を明らかにした。 阪本順治監督が演出するトレーラーとともに韓国映画祭の新しいトレンドを作る第3回DMZ国際ドキュメンタリー映画祭はシナスイチェと坡州(パジュ)出版都市など京畿道(キョンギド)坡州市一円で9月22日から28日まで開かれる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 07日 21:00