[芸能] FTISLAND「オリコン1位の知らせに公演中に涙」

「オリコン1位」の勲章を付けた男性5人組「FTISLAND(エフティーアイランド)」が自信を抱いて国内のファンに会った。 FTISLANDに会った日はちょうど「オリコン週間チャート1位」という朗報が伝えられた日。 日本で発売した1stアルバム「Five Treasure Island」で週間チャート1位になった。 オリコン42年の歴史で海外男性歌手が1stアルバムで週間チャート1位になったのは今回が初めてだ。 「このようにいいニュースが連続で聞こえるくるとは思わなかった」と喜びを分かち合ったメンバーは「日本でコンサートをした日、オリコンデイリーチャートで1位になった。 ファンと公演中にこれを知ってみんなで涙を流し、大変なことになった。 苦労してきた過去の日が映画のように頭をよぎった」と話すなど、その日の興奮がまだ冷めていないような雰囲気だった。 −−デイリーチャートで1位になったと聞いた時、どんな気分だったか。 「本当に映画のようだった。 コンサート中だったが、スタッフの一人が舞台の前に走ってきて‘オリコン1位’と書かれた紙を広げて見せてくれた。 私たちを見ていたファンも、公演をしていた自分たちも大騷ぎになった。 どうやって公演を終えたかも覚えていない。 舞台で舞い上がっていた」 −−日本に進出してからかなり時間が経った。 「私たちはアイドルではなくバンドとして進出した。 日本の新人バンドと同じように小さなクラブ公演からスタートした。 100人にもならない観客の公演会場で日本のバンドと同じように活動し、今この成果を得た。 このように種をまいてからすでに4年が経過した。 小規模な公演は50回以上していると思う」 −−最初はかなり苦労したようだ。 「本当に涙が出ることが多かった。 1集で人気が出た当時、国内市場を少し離れて日本に目を向けた。 所属事務所の代表から『日本に行って一から始めよう』という言葉を聞いた時は恨みたい気持ちにもなった。 当時の多くのファンも突然失うことになった。 日本で音楽の勉強をする時も、ホームシックになり孤独で悲しかった。 10坪ほどの宿舎で食べた当時の牛丼の味をよく思い出す。 マネジャーとメンバーだけが一緒に過ごし、すべてのことを自分たちでした。 ベーコン、ラーメン、牛丼ばかり食べて過ごしていた気がする。 トイレの水があふれて大騷ぎになったことも頭に浮かぶ。 しかしその宿舎で後にCNBLUEも過ごした(笑)」 −−日本での活動が力になったようだ。 「実際、韓国での人気に満足してその場にとどまっていれば、実力は伸びなかったと思う。 日本にいる間、ずっと先生から楽器のレッスンを受けた。 実力がついていくのが自分たちでも感じられた。 いま振り返ってみると、音楽を学びながらお金も稼ぐ有意義な生活だったと思う。 サマーソニックロックフェスティバルに招待された時は本当の‘バンド’になったようで満たされた気持ちになった。 今回のアルバムでは100%セッションも自分たちでした」 −−アルバムを紹介してほしい。 タイトルが「RETURN(リターン)」だ。 どいう意味か。 「日本での活動のため、国内を長いあいだ離れることになった。 また韓国に帰ってきてファンと会うという意味を込めた。 私たちを待っていてくれたファンに感謝の気持ちを伝えたかった。 タイトル曲の‘Hello Hello’は乗りのいい軽快なFTスタイルのロックだ。 軽快だが、歌詞は悲しい内容だ。 離れていく恋人を引き止めたくてHelloと反語的に表現した。 ‘告白します’はメンバー5人の声で歌っている。 ファンを傷つけることもあったが、私たちを見守り続けてくれたファンに対する感謝の気持ちを表現した。 新人時代はファンの有り難みが正直よく分からなかった。 自分たちのように一度人気を失ったチームが本当の有り難みを実感できると思う」 −−メンバーのホンギと親しいチャン・グンソクが日本で大人気だ。 日本ではよく会うのか。 「グンソク先輩の人気は本物にすごい。 リトルヨン様という言葉を実感する。 日本に来ればよく会い、一緒にお酒を飲んだりもする。 先日みんなで居酒屋に行ったが、グンソク先輩がモデルをしているマッコリ(濁酒)ブランドの宣伝がずっと流れていた。 最初はうれしかったが、だんだん飽きてきた(笑)」 −−親しい国内のグループは。 「ビーストと親しい。 メンバーの年齢がほぼ同じだ。 時間があればボウリング場で会ってチーム対決をしたりする。 ビーストより私たちのほうがはるかに強い。 対戦成績は4勝1敗ほどだと思う」 −−韓国と日本を行き来しているので、女性と付き合うのは難しそうだ。 「そのとおり、まさに暗黒期だ。 私たちは嘘を言わない。 芸能番組に出た時も、もし恋人がいるなら‘いない’と嘘をつくことはない。 遠まわしに言うぐらいだ。 今は本当にいない」

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 03日 03:37