[芸能] エリックの復帰作、KBSドラマに確定

昨年除隊したエリック(32、本名ムン・ジョンヒョク)が復帰作にドラマ「ポセイドン」ではなく、KBS(韓国放送公社)2ドラマ「スパイ・ミョンウォル」を選んだ。 エリックは7月4日から放送される「スパイ・ミョンウォル」の男子主人公にキャスティングされ、ハン・イェスルと息を合わせる。 当初ドラマ「ポセイドン」で復帰する予定だったが、「ポセイドン」の制作が中断したことで、「スパイ・ミョンウォル」を復帰作に選択した。 エリックのドラマ出演は08年に放送されたKBS2ドラマ「最強チル」以来3年ぶり。ドラマでエリックは韓流スターのカンウ役を演じる。 エリックは所属事務所を通して「久々のカムバックで負担にもなるが、撮影を楽しみにしている。 カンウの魅力に誰もが引きつけられるように完壁な姿を見せたい」と意気込みを伝えた。 「スパイ・ミョンウォル」は北朝鮮の美女スパイ、ミョンウォル(ハン・イェスル)が韓国最高の韓流スターであるカンウに会って繰り広げられるエピソードを描いたドラマ。 「成均館スキャンダル」のファン・インヒョク監督の次作として注目されている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 06月 02日 03:06