[芸能] カンタが海外アーティストで初めて中国皇帝役にキャスティング

カンタが海外アーティストとして初めて中国ドラマで皇帝役を務める。 カンタはこのほど上海東錦文化伝播有限公司が製作する中国史劇「帝錦」の男性主人公の皇帝役にキャスティングされた。「帝錦」は有名小説家沐非の同名小説を原作にした作品で、皇室で繰り広げられる権力争奪と暗闘、愛と復讐を描いた史劇だ。 今回のドラマには香港映画「学校覇王」を演出した台湾の有名監督ジン・アオシュンが製作に参加する。演出は藍志偉と黒龍が担当する。女性主人公には中国の人気女優施艶飛がキャスティングされ、韓国俳優のイ・テランも出演する予定だ。 26日に現地メディアを対象にドラマ撮影現場が初公開され、熱い反応を得たという。中華放送をはじめシナドットコムなど20余りのメディアが参加し熱気を帯びた取材競争を繰り広げた。 カンタの所属事務所のSMエンターテインメントは30日、「カンタは中国・無錫に滞在しドラマ撮影中だ。ファンの期待にこたえるため最善を尽くすだろう」とコメントした。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 05月 31日 00:47