[芸能] チェ・ドンハの所属事務所「不安とプレッシャーがあったのでは」

チェ・ドンハの所属事務所代表が彼の死について、「韓国と日本での並行活動を控え不安とプレッシャーがあってのではないかと思う」と明らかにした。 WSエンターテインメントのハ・ウソン代表は28日午後5時10分、ソウル大学校病院葬儀場で公式会見を行いこのように話した。所属事務所側は当初この日午前8時に公式の立場発表を行う予定だったが、同日午前に出された司法解剖結果を見るため会見時間を遅らせた。 ハ代表はまず、「こうした結果を招くことになったことに対し申し訳なく思う」と述べ頭を下げた。ハ代表は、「チェ・ドンハは1月から日本活動を始め、4月は2度にわたり日本でコンサートをした。事件当日も東京で公演が予定されていた。公演は追悼式に代わることになった」と悲痛な表情になった。 ハ代表は「きょう9時から10時30分まで国立科学捜査院で司法解剖があった。正確な結果は15日後に出てくるが、担当医と担当警察官の所見では他殺とみられる痕跡は発見されず、自殺と推定されるという所見を受けた」と伝えた。また、「司法解剖を控えさまざまな疑惑を提示する記事も出てきた。本人は普段うつ病に苦しめられており、事務所に来る前もうつ病の薬を飲んでいたと話した。しかし私たちの事務所に来てからは活発な活動を展開できてありがたいと言ってもう薬は飲まないと数回話した」として所属事務所とチェ・ドンハの不和説を一蹴した。ハ代表は、「(チェ・ドンハが)最近になり日本公演を活発にしてファンの人気を呼んでいた。6月に韓国でシングルアルバムを発表することにしたが、韓国と日本の活動の並行を控え恐れとプレッシャーがあったのではないかと考える。(チェ・ドンハが)安らかに眠れるよう、これ以上の推定記事は出ないようにしてほしい」と所見を明らかにした。 ハ代表は引き続き、「あす朝9時30分にここで出棺する。チェ・ドンハが幼少時を過ごした漢江(ハンガン)のほとりの小道を通り、火葬後に盆唐(プンダン)のスターキャッスル追慕公園に行くことになる」と今後の日程を発表した。 チェ・ドンハは27日午前、仏光洞(プルクァンドン)の自宅で首を吊って死亡しているのが発見された。遺族たちの要請を受け国立科学捜査研究院に解剖を依頼し、28日の1次検死の結果、他殺の痕跡はないと明らかになった。正確な結果が出るまでは期間がかかる見通しだ。出棺は29日午前11時に確定した。その後京畿道碧蹄(キョンギド・ピョクチェ)の火葬施設で火葬した後、盆唐スカイキャッスル追慕公園に遺骨が安置される予定だ。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 05月 29日 19:48