[芸能] “自殺暗示”美人アナ…SNSが死に追い込んだ?

MBC(文化放送)番組「スポーツプラス」のアナウンサー、ソン・ジソンさん(30)が自宅のマンションから飛び降りて自殺した。 7日にツイッターに自殺を暗示するコメントを載せてから16日後だった。 専門家の間では、ミニホームページ・ツイッターなどソーシャルネットワークサービス(SNS)のコメントがソン・ジソンさんを自殺に追い込んだという分析が出ている。 ソウル瑞草(ソチョ)警察署は23日、「ソンさんが23日午後1時46分ごろ、瑞草洞のマンションの駐車場で死亡しているのが見つかった」と明らかにした。 警察によると、ソンさんはパジャマ姿で、マンション19階の自宅から窓を開けて飛び降りたという。 遺体は江南(カンナム)セブランス病院に安置されている。 ソンさんは最近、プロ野球団斗山(ドゥサン)ベアーズ所属のイム・テフン選手(23)と熱愛説が浮上し、インターネットで騒がれていた。 このためにソンさんの自殺がこれと関係がある可能性が提起されている。 個人的な問題に対する悪意的なコメントと憶測が乱舞し、これに苦しんだソンさんが女性として極端な選択をすることになったということだ。 ソンさんは今月初め、イム選手との熱愛を認めるコメントをツイッターに載せたが、イム選手はこれを否定した。 すると7日、ポータルサイトの掲示板には「放送をやめる覚悟で明らかにします。テフンとの関係でひどく憂うつになっている」という内容のソンさんのミニホームページのキャプチャーが登場した。 この文には2人の身体接触が赤裸々に描写されていた。 この文は一瞬のうちにインターネット空間に広まり、ソンさんのミニホームページには数百件の悪口・誹謗のコメントが書き込まれた。 ソンさんは約3時間後、自分のツイッターに自殺を暗示するコメントを載せた。 「睡眠剤3錠目…」「飛び降りるにも怖いし、首をつるにも痛い。 楽にさせてほしい」という内容だった。 通報を受けた警察と119救助隊はソンさんの自宅に出動した。 警察が戻った後、ソンさんはまたツイッターで「無事です。ご心配かけて申し訳ございません」 と伝えた。 これに対し一部のネットユーザーは「そのまま死ねばよかったのに」とソンさんをからかった。 その後もこの問題は続いた。 MBC番組「スポーツプラス」は9日、対策会議を開き、ソン・アナウンサーを「ベースボールトゥナイト野」から降板させた。 イム選手も同じ日、2軍降格となった。 22日、ソンさんはいくつかのオンラインメディアとのインタビューで、「ミニホームページのコメントは私が書いたものではなく、ある女性野球ファンが家に訪ねてきて書いた」と釈明した。 また「(このコメントのため)その日、母と激しくけんかをした」とも話した。 さらに「テフンとは08年に偶然に会い、恋人関係に発展し、1年半にわたり交際中」と公開した。 一方、イム選手は同じ日、球団報道資料を通じて「熱愛事実は事実無根」と明らかにした後、1軍に再合流した。 オンライン空間には「なぜ選手を試合に集中できないようにするのか」「長文の嘘をついている」など、ソンさんに対する非難が殺到した。 ソンさんが死亡した23日は、当初MBCスポーツプラスがソンさんに対する最終懲戒の程度を決定すると予告した日だった。 イ・スジョン京畿(キョンギ)大犯罪心理学科教授は「当事者間の攻防が繰り広げられている状況で、ネットユーザーの悪性コメントが乱舞し、ソンさんが自殺という最悪の選択をしたようだ」と分析した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 05月 25日 02:45