[芸能] オ・ジホ、キムチ紛争に「大きな問題でない」

俳優オ・ジホがホン・ジンギョンとのキムチ事業関連紛争について立場を明らかにした。 オ・ジホは17日、ソウル江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサンドン)のクラブELで開かれたケーブル番組の記者懇談会に出席し、「まだホン・ジンギョン側から告訴状が届いておらず、待っている。残念に思う」 と明らかにした。 オ・ジホは「大きな問題ではないと考えている。 事業をしながら熱心にしていた部分で誤解があったようだ」と述べた。 続いて「周囲から私が肖像権だけ渡して事業をしていると考えられているため、熱心に頑張ってきた」とし「自分も事業に関する基準を学びながら苦労して始めた。 演技、事業ともに迷惑をかけないように頑張る」と明らかにした。 ホン・ジンギョン側は9日、オ・ジホが代表の会社を相手取り表示広告禁止仮処分申請を提起した。 「オ・ジホの会社のキムチがホン・ジンギョン側のキムチ製品を抜いてキムチショッピングモール販売1位になったという報道があったが、これは事実でない」という理由だった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 05月 19日 03:35