[芸能] キム・ヒョンジュン、公式サイトハッキングで被害続出

キム・ヒョンジュンが自身の公式ホームページを攻撃したハッカーのために心を痛めている。「10万ウォンでキム・ヒョンジュンと済州道(チェジュド)ミーティングを、80万ウォンなら1対1で食事」という虚偽の公示のため被害にあったファンが続出した。 所属事務所のキーイーストは8日、「キム・ヒョンジュンの公式ホームページがハッキングされた。虚偽の公示が掲載され入金口座が無断で変えられた」と明らかにした。 キム・ヒョンジュンの公式ホームページをハッキングしたハッカーは、公示事項欄に加入費と口座番号変更およびファンミーティングなどを口実に過度な金額を要求した。当初1万ウォンだった会員加入費が3万5000ウォンに上がり、ファンクラブ入金口座まで変わった。10万ウォンを入金すればキム・ヒョンジュンと済州道でファンミーティングができ、80万ウォンを入金すればキム・ヒョンジュンと1対1で食事ができるという虚偽公示で混乱を招いた。 これに対しキーイースト側は、「被害に対する徹底した調査のためサイバー捜査隊に捜査を要請した。口座入金で被害を受けたファンの方は必ずファンクラブ担当者に知らせてほしい。現在まで約20人が総額150万ウォンの被害を受けたことが明らかになった。被害額返済など本格対処に出る予定だ。韓国内外のファンの方々に本当に申し訳ないと申し上げたい。公式ファンクラブ加入申請はホームページ復旧作業完了後に新たな公示を通じて詳しく案内する予定」と説明した。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 05月 09日 19:50