[芸能] 映画「チョンア」、ボストン映画祭で最優秀作品賞受賞

沈清伝(シムチョンジョン)を現代的に再解釈したキム・ハンジョンホ監督の「チョンア」が第9回ボストン国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した。 映画制作会社の大興(テフン)エンターテインメントは26日、キム・ハンジョンホ監督の「チョンア」がボストン国際映画祭で韓国映画初の最優秀作品賞を受賞したと明らかにした。 ボストン国際映画祭側は、「『チョンア』はドラマがあり、悲しみがある独立映画で、このような感情を刺激する映画に会うことは容易ではない」として受賞理由を明らかにしたと制作会社が伝えた。 「チョンア」はキム・セイン主演の映画で、父親を養いながら家庭を守るために社会という「印塘水」(沈清伝で沈清が身を投げる泉)に身を投げる清雅の話を描いた作品だ。国内では今年11月ごろに公開の予定。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 04月 27日 20:17