[芸能] クォン・サンウとソン・テヨン夫妻がチャリティTシャツを販売

クォン・サンウとソン・テヨン夫妻が視覚障害児への寄付キャンペーンに参加した。 2人は第一毛織の女性服ブランド「KUHO」とともに「Heart for Eye」の寄付Tシャツを発売した。 「Heart for Eye」キャンペーンは視覚障害児に手術を受けさせファッションの美しさを一緒に分かち合おうという趣旨で始まった社会貢献活動。キャンペーンTシャツの販売収益金全額が視覚障害児の手術基金として寄付される。2006年から現在まで155人の視覚障害児がこのキャンペーンを通じ手術を受けた。 これまで「Heart for Eye」キャンペーンに関心を持っていたクォン・サンウとソン・テヨン夫妻は、さらに多くの子どもたちが光を見られればとの思いからキャンペーンに参加したと明らかにした。 「Heart for Eye」のTシャツは心をひとつに集めるという意味からハートをモチーフにした6種類のデザインで発売された。今年はグローバルビューティーブランド「ロクシタン」を創立したオリビエ・ボーサンがTシャツデザインに参加して目を引いた。 「Heart for Eye」Tシャツは全国の「KUHO」販売店で3000枚限定で販売される。価格は8万ウォンで、男性用と子ども用Tシャツも発売される。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 04月 19日 23:45