[芸能] SS501のキム・ギュジョン、ミュージカル「宮」で皇太子に

SS501のキム・ギュジョンが「ミュージカル−宮」の主人公イ・シン役にキャスティングされた。 制作会社のグループエイトは12日、報道資料を通じ「キム・ギュジョンはSS501で歌唱力と抜群の振りつけの実力ですでに優れたステージマナーを見せている。モデル、DJなど多方面で頭角を見せたキム・ギュジョンが自らも配役に臨む強く誠実な意志を見せており期待が大きい」と伝えた。「宮」はこれまでドラマとミュージカルで大きな人気を呼んだ作品。ドラマ「宮」で皇太子イ・シン役にはチュ・ジフンが活躍し大人気となり、「2010ミュージカル−宮」では東方神起のユンホが熱演した。ユンホの出演で全観覧客の60%が日本人をはじめとする外国人観覧客となり大きな話題を集めた。 グループエイトは、「伝統美を生かした華麗な衣装とコミカルなストーリー展開、ヒップホップダンスバトルなど韓国的な見どころを用意し、ドラマや音楽に続く新韓流コンテンツとして脚光を浴びてきた」と話している。皇太子キム・ギュジョンの相手役の平凡な女子高生シン・チェギョン役にはソウル公演を通じて安定した演技力と歌唱力を見せたクァク・ソニョンがキャスティングされた。 初めての公演は6月11日から7月1日まで日本・京都の南座で幕を開ける。チケット予約は4月14日から松竹チケット前売りサイトhttp://www1.ticket-web-shochiku.com/pc/とブロコリサイトhttp://www.brokore.com/で行われる。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 04月 13日 22:08