[芸能] BIGBANG、現所属事務所YGと5年間の再契約を締結

男性5人組グループのBIGBANG(ビッグバン)が現所属事務所のYGエンターテインメント(以下、YG)と5年間の再契約を結んだ。 YG側は7日、「最近BIGBANGのメンバー全員と再契約を締結した。演習生時代から10年あまりを一緒に過ごしてきた彼らは家族も同然」とし「最初の所属事務所に、もう一度信頼と信頼を見せてくれたメンバーに非常に感謝している。何よりBIGBANGという名前でファンとこれからも長い時間を共にできることになり非常に嬉しい」と述べて再契約の意味を伝えた。 人気絶頂のBIGBANGが今の所属事務所と再契約を結んだことはK−POP界でも意味のある事として受け入れられている。過去、人気絶頂期を迎えたグループらは育ててくれた所属事務所と別れて数十億の離籍説で騒がれたこともある。 YG側は「人気グループがメンバー間の葛藤や事務所との摩擦を理由に解体または引退する。最大の節目が専属契約期間が終わる5年目前後だが、BIGBANGはその危機を乗り越え、ロングラングループになった」とし「彼らは実際にメンバー間の葛藤や事務所との摩擦についての話が出たことがないほど、お互いへの信頼と信頼が強いチーム」と明らかにした。 2006年にデビューしたBIGBANGは、これまで「嘘」「最後のあいさつ」などで国民的に愛されている代表アイドル。8日には、新曲「Stupid Liar」「Love Song」が入ったニューアルバムを発表して活動を再開する。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 04月 08日 01:49