[芸能] チョン・ジヒョンの口座、不正株式売買に盗用される

女優チョン・ジヒョンの口座が本人も知らないうちに不正株式売買に利用されていたことが明らかになった。 ソウル中央地検側は6日、「金融委員会が先月、チョン・ジヒョンの元所属事務所IHQのチョン・フンタク代表とストームイーエヌエフのクォン・スンシク元代表の2人を証券取引法違反(未公開情報利用禁止)容疑で告発した事件を、金融租税調査1部に割り当てる予定」と明らかにした。 これに先立ち金融委員会は1月、チョン代表とクォン元代表が買収・合併情報を事前に流出して不当利得を得たと、検察に告発した。この過程でチョン・ジヒョンは自分も知らないうちに借名口座が使われ、1月に金融委員会に呼ばれて調査を受けた。検察関係者側は「チョン・ジヒョンは調査の過程で口座の有無さえ知らないと話した。今回の事件と関連し、タレントのシン・ドンヨプも一度調査を受けた」と伝えた。 一方、チョン・ジヒョンは09年1月、チョン・フンタク代表に携帯電話を盗聴されたことが伝えられ、波紋が広がった。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 04月 07日 18:35