[芸能] KARAク・ハラ、単独で1億ウォンを寄付した理由は?

KARAのク・ハラが22日、日本の地震被災者を助けてほしいと単独で社会福祉共同募金会に1億ウォン(約720万円)を寄託した。 当初KARAは所属事務所とともにニューシングル「ジェットコースターラブ」の収益金全額を地震被災者のために寄付することを決めていた。しかし23日に予定されていた同シングルの発売は無期限延期された。ク・ハラは「アルバムリリースがいつになるか分からなくなり、はやる心でまずは寄付をしました」と伝えた。 KARA側は「しばらく日本の活動スケジュールはない。アルバムの発売が次はいつになるか分からない」と伝えた。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 03月 25日 07:06