[芸能] キム・ジョンフン、日本の地震に一時避難

日本ファンミーティングのために東京を訪れているキム・ジョンフンが、震度8.9を身をもって体験して避難していた事実が確認された。 2月に軍服務を終え、除隊後の新しい第一歩として日本を選んだキム・ジョンフンは8日、日本・羽田空港に到着し、六本木ヒルズで荷物を解いた。 ファンミーティング公演の練習のため11日、渋谷にある東京スタジオに向かったキム・ジョンフンは、ビルのエレベータに乗ってレッスン室に向かう途中、大きな揺れを感じて慌てて避難した。 建物全体が揺れるほどの強い震度で、身の危険を感じたキム・ジョンフンはエレベータを使って降りて屋外に避難し、10分ほど待って再びレッスン室に戻ったものの、再び強い揺れを感じて建物の外に逃げたと当時の緊迫した状況を伝えた。約30分後に再度スタジオに戻ったキム・ジョンフンは歌の練習を開始したが、東京の通りは依然として不安定な状態だと伝えた。 キム・ジョンフンは14日、埼玉スーパーアリーナでファン1万5000人とファンミーティングを行う予定だ。 一方、スリーボーイズの写真撮影のため日本を訪れたJYJのキム・ジュンスは11日、すべての日程を終えて韓国行きの飛行機に乗るために午後4時に羽田空港に到着した。 生まれて初めてのファンミーティングのために12日、日本行きの飛行機に乗る予定だった俳優リュ・スヨンは、当初予定されていた14日のファンミーティングの開催是非をめぐり頭を悩ませているという。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 03月 14日 19:36