[芸能] JYJインターネット放送が開局4日で廃止…その裏は?

JYJインターネット放送局が開局4日で廃止されることになった。 8日午後2時、アイラブJYJドットコムインターネット放送局の運営者はポータルサイト「ネイバー」のコミュニティーに、放送局廃止に関するコメントを載せた。 運営者は「ファンにご迷惑をおかけして申し訳ございません。今日(8日)付でインターネット放送局が閉局することをお知らせします」と明らかにした。また「私たちは現在、インターネット放送局の閉局を準備しているスタッフです」と付け加えた。 JYJ放送局の運営者はその間、ファンから「特権意識を持って放送局を運営しようとしている」という指摘を受けていた。 特に他人の写真・映像などを無断で使用し、所属事務所側にファンミーティングチケットを要求しようとしたことが明らかになり、批判が出ていた。 さらに5日には開局を祝うインタビューにある女性政治家が登場した。 これに対し、ファンは「インターネット放送局が政治的に利用されるのではないか」という懸念の声を出していた。 ネットユーザーは「問題があったので消えるのは当然」「結局4日で消えるのか」「こういう意図で放送しようとするから…」などとコメントしている。

©ISPLUS / 中央日報日本語版 2011年 03月 10日 03:00